ac_gaiki

 

業務用エアコン室外機設置場所・設置方法のいろいろ

 

設置方法 施工例 解    説
標準設置 業務用エアコン 室外機の設置例 標準平地置き 平地で軟弱な場所でなければ専用のコンクリート製基礎ブロックを使用します。
設置工事費用は安く上がります。(コンクリート製基礎ブロックは1本3,000円程度)
コンクリート基礎 業務用エアコン 室外機の設置例 コンクリート基礎 軟弱な場所に200kgを超える重量のある室外機(主に8馬力以上)は専用のコンクリート基礎を設けます。
コンクリート基礎工事費用がかかります。(基礎工事のみ6~7万円前後)
業務用エアコン専用 高置台平地用(高置)架台 クリックで大きな画像を表示します 積雪の多い地域ではこのように室外機を高く設置します。
架台選定の際は最大耐荷重を考慮し、また積雪量に応じて必要な高さを確保する必要があります。
市販の架台は30cm、50cm、80cm、100cmの各タイプがあります。
約2~4万円(ステンレス製は7~8万円)程度。(組立設置費用別途)
※下記にご紹介の壁掛用架台を使用すればさらに高い位置に室外機を設置できます。
業務用エアコン専用 壁面置台壁面用架台 クリックで大きな画像を表示します スペース等の問題で室外機が地上設置できない場合に、このように壁面専用架台を使用して設置します。業務用エアコン専用の3馬力以下用で約2万円、6馬力以下用で3万円程度。最近の省エネ機種の2馬力以下で室外機重量が50kg程度なら、ルームエアコン用の架台も使用可能(最大積載質量60kg以下用)。この場合一般塗装で6,000円、亜鉛溶融メッキで8,000円、ステンレスで13,000円程度です。(組立設置費用別途)
※業務用エアコン専用架台には他に家庭用ルームエアコンの室外機設置でよく見かける傾斜屋根用架台、天井吊用架台、2段置架台などがあります。室外機据付架台一覧をご覧ください。←通信販売も致しております。
他に室外機をアパート・マンション・ビル等の屋上に設置するケースがあります。この場合、クレーン等の重機チャーター費用や機器搬入費用がかります。
既設建物では専用配管スペースが無い場合、外壁に配管を施すことになり、足場設置費用等がかかります。
室外機設置場所について
温泉地帯の硫化ガスが多い場所、燃焼器の排気を吸い込む場所、海岸地帯の潮風が直接当たる場所など酸性またはアルカリ性雰囲気内で使用すると外板や熱交換器などが腐食する恐れがあるので、このような場所ではできるだけ設置を避けるようにします。
大気汚染の影響を受ける場所や海岸地帯の潮風が直接当たる場所では耐塩害仕様・耐重塩害仕様の室外機を選定する必要があります。
【耐塩害仕様・耐重塩害仕様】

底ベース板、外板、熱交換フィンなどにアクリル系樹脂を焼付け塗装して防食処理が施されています。
上記仕様は、日本冷凍空調工業会標準規格JRA9002に基づいています。
【機種選定の目安】
JRA耐塩害仕様:室外機設置場所から海まで300mから1km以内。
JRA耐重塩害仕様:室外機設置場所から海まで300m以内。(潮風の影響を受ける場所)


※これらの耐(重)塩害仕様の室外機は、各メーカーともに受注生産対応となっています。(通常納期は2~3ヶ月)
※気になる価格ですが、各メーカーともに一般仕様の室外機価格(定価)より20~40%UPします。
(例)3馬力(P80形)でおよそ22,000円~25,000円UP、5馬力(P140形)でおよそ30,000円~35,000円UPとなります。

業務用エアコン国内主要メーカーリンク

○このページの施工例写真は(有)大和商会.COM が施工・撮影しました。画像の無断使用を禁止します。

 

Total Views: 7046 ,